アセチノメガシェイプの安全性は大丈夫?

アセチノメガシェイプを有効にそして、安全に使うために気をつけたいことを上げましょう。

 

アセチノメガシェイプの使用を控えたい人

 

残念ながら、誰でも使えるわけではありません。万が一何かあったときのことを考えて、安全を第一に考えると使用できない人が出てきます。

 

病院に通っている人や急性疾患がある人、成長期の人は使用できません。アレルギーやアトピーがある人、敏感肌の人だけではなく、ホルモンバランスが崩れ、肌も敏感になっている生理中、妊娠中、授乳中の人も使えません。

 

切り傷があるところ、整形手術後の部位、ニキビや皮膚が化膿しているところも肌トラブルを避けるために使用は控えましょう。

 

アセチノメガシェイプは頭部や顔、骨のすぐ上の使用もNGです。

 

気をつけたいポイント

 

アセチノメガシェイプは強弱を調節できるので、初めて使う人は、まずはLOモードから始めましょう。力任せに押し当てることは厳禁です。

 

同じ部位に続けて使うのではなく、ひとつの部位の目安はだいたい5分です。長時間同じ所に当て続けると、肌を傷つける原因になります。例えば、お腹周り5分、足を5分、お尻を5分として、全体で30分で終わるのが理想です。

 

直接肌に当てて使用することが基本ですが、肌のやわらかい人は肌が傷つく可能性があります。脂肪の厚い人も皮膚がとても柔らかい人も、傷んでもいい服の上から使用することとで安全性が上がります。

 

アセチノメガシェイプを使用後、しばらくたっても皮膚の腫れやかゆみが治まらない場合や体に気になる変化を感じた時には医師の診断を受けましょう。

 

安全装置

 

力強く押し当てたりお肉が巻き込まれそうになった場合、また長時間の連続使用をすると、LEDランプが点滅して知らせてくれます。ランプの点滅は肌を守るためのサインです。

 

サインに気がつかずに、間違った使い方を続けると安全装置が作動して、自動でスイッチが切れます。この場合はいったん電源を切って、一時間ほど休ませてから再び使ってください。

 

使用中にモードの切り替えをしても、15分以上使い続けると自動的に電源が切れる仕組みになっています。違う部位に移る度に、スイッチを切ってから別の部位を始めるようにしましょう。

 

⇒アセチノメガシェイプの効果的な使い方とは?